―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

太陽光発電の市場について

昨年の太陽光発電システムの出荷量や今後の展開についてと、コージェネレーションシステムの市場について環境新聞に載っていましたので抜粋してみました!

≪以下抜粋≫

民間調査会社の富士経済は、新設住宅着工戸数が低迷する一方、住宅エコポイントや住宅ローン減税などの追い風も受ける住宅設備・建材の国内市場について調査した。同報告書では、注目市場として、住宅用太陽光発電システムと家庭用コージェネレーションシステム(CGS)について取り上げている。

住宅用太陽光発電システムは、2009年1月からの国の補助金制度、11月からの買取制度の実施に伴い、2008年から2009年にかけて導入数が躍進。政府は、2020年を目途に国内の太陽光発電による発電導入量を現在の20倍にする目標のもと、官民あげて取り組みを推進しており、今後も市場は拡大するが、メーカー間の競争激化による低価格化により、金額ベースの伸びは数量ベースより少なくなるとみている。2009年の市場は、設置件数は109,000件(前年比2.1倍)、金額ベースでは1,416億円(同2.1倍)で、2013年は、設置件数は268,500件(09年比2.4倍)、金額ベースでは3,382億円(同2.3倍)となる見通し。

家庭用コージェネレーションシステムの市場は、国の補助金効果で拡大基調にあったが、2008年は新設住宅着工戸数が減少したため、若干縮小した。しかし、2009年は本格的に市販が開始された家庭用燃料電池の販売が好調で、拡大に転じた。2009年の市場は、設置件数は25,400件(前年比1.1倍)、金額ベースでは261億円(同1.6倍)で、2010年以降も市場は拡大し、2013年は設置件数は69,500件(09年比2.7倍)、金額ベースでは515億円(同1.9倍)となる見通し。しかし、本格的に普及に向けては「10年以内での導入コスト回収」の実現が不可欠で、現状においては、2012年頃には100万円を切る価格帯での新機種の投入が期待される。

同報告書では、住宅の将来像として、「省エネ・環境対応」「ネットワーク化」「長寿命化・耐久性向上」「安心・安全の確保」「快適・健康空間の創出」の5つのキーワードをあげた。「ネットワーク化」では、2010年から家庭内の「電力の見える化」によるエネルギーバランスをコントロールするシステムの普及が顕在化し、今後電気自動車や創エネ機器との連携も進むとみている。

≪以上抜粋≫

私としては、今後の展開としてはやはり皆さんの意識のほかにも国の体制やメディアの報道などにも大きく左右されるのではないかな?と思っております。
スポンサーサイト
【2010/04/29 14:09】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<久々の更新ですね! | ホーム | GWに展示場にて>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。