―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

20年目標:温暖化ガス15%削減

麻生太郎首相は、日本の2020年時点の温暖化ガスの中期目標を05年比15%削減すると表明し、同時に目標実現に必要な政策や家計負担も提示しました。
太陽光発電を現状の20倍導入するほか、1世帯あたり年間約7万円超の負担増が必要だと試算しました。首相は05年比で欧州連合や米国を上回る目標値を打ち出すことで今後の国際交渉の主導権を握りたい考えですが、交渉では逆に目標値の上積みを求められる可能性もあります。

温暖化対策は膨大な財政赤字や少子高齢化による社会保障負担増などと並び、日本の政府、企業、家計の各部門で今後数十年の経済活動を制約します。首相が表明した中期目標は今後の国際的な枠組み(ポスト京都議定書)交渉で日本の基本的な立場となります。イタリア中部で開く7月の主要国首脳会議や、12月にコペンハーゲンで開く国連気候変動枠組み条約締約国会議を経て、数字が正式に決まります。

スポンサーサイト
【2009/06/11 18:05】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<高速道路1000円は良いのだろうか? | ホーム | 電気自動車インフラ整備>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。