―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

太陽光発電を大量導入にむけて

各電力会社は太陽光発電の大量導入に備え、太陽光発電が送電網に与える影響を調べる全国規模の実証実験に乗り出します。
2030年までに現在の40倍の太陽光発電導入を目指す政府目標を達成するには、送電網の技術革新が必要とされ、天候変化による太陽光発電の出力変動や送電網への負荷などを検証して、再生可能エネルギーと共存可能な電力系統の開発につなげる方針としています。

この実証実験は3年間で総額14億円となっており、国がその半額を補助します。
各電力会社の営業所などに設置した太陽光発電施設111カ所(出力合計1500キロワット)をつないで出力を1秒単位で計測し、システム全体の出力がどう変動するかを調査します。

また上記した通り太陽光発電は天候によって出力が変動し、電力品質に影響します。しかし、日本全体の太陽光発電設備を合計すれば変動は相対的に小さくなり、電力品質への影響も限定的になる「平滑化効果」と言うものもあります。
全国規模の実験によってこの平滑化効果がどの程度なのかを調べて、「蓄電池容量がどの程度必要になるのか」「太陽光発電の変動を補完する電源がどの程度必要か」などを実証します。
スポンサーサイト
【2009/05/25 13:51】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<太陽光発電売電買取制度 | ホーム | 世界No,1の効率!>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。