―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

太陽光発電システム売電倍額

経済産業省は太陽光発電の普及拡大を進めるため、家庭で発電した電気を電力会社に買い取らせる制度を、22年度から開始する事を決定いたしました。

これまで電力会社がサービス扱いで買い取りにあたってきた太陽光発電システムにおける「売電」を、今後は義務化したうえで価格も2倍程度に引き上げる事になります。電力会社としてはコスト増になって電気料金に転嫁される事にはなりますが、値上げ幅は標準家庭で月額数十円程度に抑えられる制度となっています。

買い取り対象は、太陽光発電設備を設置している家庭のほかに、会社や学校などで発電しても使い切れなかった余剰分の電力となります。
現在、電力会社による買い取り額は、家庭用で1キロワット時あたり25円程度だが、これを50円弱に引き上げる事になります。買い取り期間は10年程度を想定しており、普及率によって徐々に下げる方針としています。ただし、普及によって売電価格が下がると言っても、各家庭において発電を始めた年度に適用された買い取り価格は、契約期間中は固定する事になっています。

家庭用太陽光発電の設置費用は現在、200万円~300万円となっており、設備購入にさいして受けられる各種補助制度などと電力買い取りを併用する事によって、10年程度で設置費用を回収できる計算になります。

政府は、太陽光発電の導入量を32年に10倍、42年に40倍との目標を立てており、支援策強化によって普及を図る方針です!

※「なるほど!」と思って頂けたらブログランキングもよろしくお願いします!
      是非ワンクリック! ⇒  
スポンサーサイト
【2009/03/20 14:00】 | システム | トラックバック(0) | コメント(0)
<<アメリカ風力発電に日本の技術 | ホーム | 新型プリウスの値段>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。