―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

暖冬と思いますか?

「地球の温暖化によって、暖冬であると言われているけど、本当に暖冬なのかな?」と思っている方も多くいらっしゃるのでは無いでしょうか?

結論から言いますと、温暖化が原因か原因では無いかは別としても「暖冬」です!


私が子供のころ、「熊谷市(埼玉県)では氷点下5度となり、厳しい寒さとなるでしょう。」と言う言葉もよく聞いたものです。現在冷え込んでも氷点下2~3度となり、雪も1年を通じて1度も降らない(降っても積もらない)状態となっています。

ではなぜ「暖冬と感じないのか?」と考えた結果、私が導き出した答えは…
「①四季があるから」「②冬は寒いから」
の2点ではないかと思います。

日本は四季があり、夏は暑く、春秋は過ごしやすく、冬は寒いです。
もし暖冬のレベルが春位の日々が続けば「今年は暖かいねー」となるとは思いますが、冬になり気温も下がり、雪も降り、木枯らしが吹きます。そうしますと、やはり「寒い」ので今年も寒いね!と言う話になります。また、夏も「猛暑」が続き、全体的に気温が上がっている為徐々に身体も温暖化に適応してきているのかも?しれません…。


現在、今までは雪が積もっていた地域で積もらなくなっていたり、生態系も変化し漁獲量が減ったりと温暖化・暖冬の影響は数値としても出ています。

冬は寒くて当たり前かもしれませんが、その寒さの度合いは確実に緩んできている事を、皆さんもどこかで感じていませんか~?

※「なるほど!」と思って頂けたらブログランキングもよろしくお願いしま~す!
      是非ワンクリック! ⇒  
スポンサーサイト
【2009/03/03 09:33】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<二酸化炭素排出「実質ゼロ」の住宅 | ホーム | 太陽光発電助成金の現状>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。