―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

新型生ゴミ処理機

パナソニック製の「家庭用生ゴミ処理機」は当社でも販売していますが、こちらの新製品が発表されました。
新商品は排気のにおいを減らしたもので、商品名は「生ごみリサイクラー MS―N53」です。においを分解する触媒の面積を2割増やしたことによって、臭気判定士による官能試験で従来機種よりにおいが少ないという評価を得た新商品となっています。この処理したゴミはガーデニングなどの肥料にする事が出来ます。

仕組みとしましては、生ゴミに130度の熱風を当てて除菌・乾燥し、排気のにおい成分は触媒で分解する方法を取っており、1回に最大約2キログラム処理する事が出来ます。
また、風の温度を低めの105度に設定することもでき、その場合はにおいをさらに抑える事が可能になっています。105度では早めに効果が出やすく野菜や草花に向く肥料、130度では効果が長続きする樹木向きの肥料ができる②種類の処理方法が可能となっています。

気になる点としましては、価格がオープン価格と伏せられている為、従来品とどの程度値上がりが起こるかと言う点です。情報によると店頭実勢は8万5000円前後と想定されているようです。
実際私どもが販売に伺わせて頂いた時は、「もう少し安ければねぇ」との声が上がっている生ゴミ処理機です。新機能の充実とともにコストの削減が出来れば一番いいのですが…。

※「なるほど!」と思って頂けたらブログランキングもよろしくお願いしま~す!
      是非ワンクリック! ⇒  
スポンサーサイト
【2009/02/28 10:37】 | システム | トラックバック(0) | コメント(0)
<<太陽光発電助成金の現状 | ホーム | オーストラリア山火事観測結果>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。