―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

白熊と温暖化

以前、白クマが北極海を泳いでいる映像、画像が一時期話題になったかと思います。その白クマが現在、春先にほとんど餌をとらない『断食状態』にあると言います。
カナダ北西部の北極圏で暮らす「断食状態白クマ」の数は過去約20年間で2~3倍に急増したことが、カナダ政府と同国アルバータ大の研究グループの調査で解りました。

白クマ(ホッキョクグマ)は、餌のアザラシを氷の上で捕るのだが、地球温暖化の影響で狩りに適した厚い氷が減った事が原因とされています。周辺では、飢えのため硬い氷に穴を掘ってアザラシを探すという通常では考えられない行動に出ている白クマもいる状態となっています。

研究グループは、血液中の物質の比率からクマのタンパク質摂取量を推定できることに注目し、1985、86、2005、06年の春に集めたクマの血液、計436サンプルを分析しました。

その結果として、85年に断食状態にあったクマは全体の10%、86年は11%だったのに対し、05年には21%、06年は29%と目立って増えてきています。


温暖化の影響として、北極の氷が解け、生態系に大きな変化をもたらせています。
目に見えに被害として、この問題を皆様はどうとらえますでしょうか?
スポンサーサイト
【2009/02/16 14:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<インサイトの売行き | ホーム | エコバックいろいろ>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。