―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

組み立て式の電気自動車

電気自動車はエコロジーではありますが、どうしてもエコノミー(値段が安い)とは言えません…。NEVと言う「近隣走行用の電気自動車」でも70万円、電動自転車でさえ30万円となっている現状です。

そこでアメリカの「Blue Sky Design」社のスタッフは、値段を下げる事は出来ないだろうかと考え、未来的な外観と、スクーターのお手頃感をあわせ持ち、DIYで組み立てる電気自動車『BugE』を作成しました。

BugEは、電動のリカンベントバイクと電気自動車の間に位置する乗り物となっており、約159キログラムという軽い車重を活かし、1回の充電で約48キロメートル走行が可能となっています。最高時速は約80キロメートルまで可能ですが、最高速度で走行するとその数字以上に速さを実感します。と言うのも、BugEの運転席はオープンで着座位置が低く、またトルクが瞬時に加わる電気モーターを搭載しているからです。

同社を設立したMark Murphy氏は、「BugEが万人向けでないことを承知している。ただ一方で、『自転車と、『Buick』のような自動車との間にうまくはまる』シンプルで低コストの移動手段には、市場が絶対にあるはずだ。」と言い、また「ニッチ狙いの乗り物で、スクーターにはるかに勝る。21世紀のT型フォードとでも言おうか」とは言っています。

Murphy氏が、米国オレゴン州にある自分の店を拠点に販売するBugEのキットには、75個の部品が含まれています。注文方法は少々複雑で、少なくとも2カ所のサプライヤーから部品を入手することになるが、Murphy氏によるとこの方法をとったのは、コストの最小化と選択肢の最大化を実現するためだとの事です。

まず3500ドルで、フルサスペンションのスチール製フレーム、アクリル製のキャノピー(風防)がついたグラスファイバー製の白のボディ、そのほか、とにかく転がるまでのシャシーを製作するのに必要なすべてが手に入ります。そこにあと325ドルを足すと、日没後も運転する人向けの灯火装置を入手できるようになっています。
さらに上記に加えて1500ドルを出して、3.8馬力の電気モーター、48ボルトの充電システムなど、バッテリーを除く必要なものが含まれた「パワーキット」を米EV Parts社から入手する必要があります。

バッテリーをどうするかは自分で決める方法を取っています。仕様では、一般車が使うような鉛バッテリーを搭載することになっているが、なかには改造してリチウムイオン・バッテリーと38馬力モーターを搭載すると言う方もいます。この人の主張によると、これで最高時速は約140キロメートルになり、停止状態から7秒未満で時速110キロメートルまで加速が可能になると言います。

これら全てを購入すると全部で5500ドル(約55万円)といったところでしょうか。丁度現状の電気自転車と電気自動車の間くらいの金額となります。バッテリーの充電時間は約8時間となっており、一応買い物バッグを2つ積める収納スペースを備えている事を踏まえると、ちょっとそこまで買い物用エコカーとしては良いのではないでしょうか?バイク等よりは安全かつ屋根があり、省エネと言う形…。

ただ…、私としてはもう少し安くならないかなぁと思っています(笑
スポンサーサイト
【2009/02/03 17:20】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<いよいよエコカー時代へ | ホーム | 友人の結婚式へ>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。