―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

環境モデル都市

政府の地域活性化本部は、環境に力を入れている都市、「環境モデル都市」を新たに7都市を追加しました。これは、低炭素社会実現に取り組み、2050年までに温室効果ガス半減以上の目標を設定し、実効性のある削減策を挙げている点を評価したもので、モデル都市は計13市区町になりました。

選ばれたのは京都市、東京都千代田区、長野県飯田市、愛知県豊田市、堺市、高知県檮原町、沖縄県宮古島市の7都市となっています。

各自治体は3月末までに具体的な行動計画を策定し、京都市は省エネに適した「平成の京町家」建設を盛り込む事となっています。宮古島市は、サトウキビが原料のバイオエタノールの自動車燃料利用を計画し、檮原町は風力発電装置40基を設置するとしています。

政府は昨年4月から5月にかけて環境モデル都市を全国的に公募し、7月に横浜市や北九州市など6市町を初めて選定しました。今回の7市区町は「課題が残るものの、行動計画の策定過程で基準を満たすことが可能」として、モデル都市候補に挙げていました。


今後も「環境」に目を向けた都市が増える事によって、地域からの「ストップ温暖化」二酸化炭素の排出削減が身近になります。
国規模での対策は確かに重要ではありますが、それだけではなく、このように身近なところから始める環境対策は重要になるのではないでしょうか?
スポンサーサイト
【2009/01/26 10:38】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<山梨県に太陽光発電所 | ホーム | 家族でゲームもエコのうち!>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。