―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

暖房温度の話

冬のエコとしましては、やはり暖房の温度なのではないでしょうか?
ウォームビズなどで、会社の暖房設定は当社で17度!
エコに取り組んでいる会社様では18度~20度位が普通でしょうか?

さて、この暖房の温度ですが21度設定から20度設定にするとどれ位のエコ効果が出るかご存じでしたか?二酸化炭素で計算すると年間/21.8kgの削減ができ、大きめな杉の木の約1.5本分の二酸化炭素吸収効果ど同等なエコなのです!


光熱費で考えましても、1度下げるだけで月間200円~1,000円程の削減効果が生まれます。エアコンだったり灯油ファンヒーターだったりで効果は変わってきてしまいますが、思っている以上の効果が生まれます。

追伸:
最近は湯たんぽが結構お勧めになっています。
オシャレな湯たんぽも出てますので、会社の足元に置いておいても恥ずかしくありません!(笑
もちろん、家で使う分には昔ながらの湯たんぽでも十分ですが…。
スポンサーサイト
【2008/12/16 14:00】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<蓄熱暖房機の有用性 | ホーム | IHと圧力鍋の相性>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。