―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

こんな所でも太陽光発電!

太陽光発電システムは現在、一般家庭はもちろん企業・公共施設・海外の電力供給が難しい地域、他いろいろな場所にて設置されております。
環境に優しく、光熱費も削減できるこのシステムは、日本で言えば助成金などを利用し一般家庭・法人・公共と今後どんどん普及していく道が見えております。

そんな中、海外のこんなところでも太陽光発電システムが導入されました。
それは、ローマ法王庁!つまりはバチカン市国です。
そして発電開始後、法王ベネディクト16世は同発電による明かりの下で一般謁見を行いました。
9月に始まった工事は法王の母国であるドイツの会社が無償で引き受けて、謁見ホールの屋根に太陽光発電パネル2400枚を設置したと言うものです。バチカンによると、年間300メガワットの発電を予定しています。

また法王は、昨年12月のクリスマス恒例のメッセージで地球温暖化などによる環境破壊に警鐘を鳴らすなど、環境保護の重要性を訴えており、バチカンは2020年までに全施設で使用される電力の20%を代替エネルギーでまかなう計画を立てています。

今後日本のキリスト教教会などでも設置が増加していくのではないでしょうか?
スポンサーサイト
【2008/11/28 17:01】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<IHクッキングヒーターの疑問点 | ホーム | 今年の「10大エコニュース」は?>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。