―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

太陽光発電を後押し

ガス代や灯油代が上がっている今日この頃。政府が新エネルギーへの後押しを進め始めました。
以下産経新聞一部抜粋。
二階俊博経済産業相は閣議後の記者会見で、政府がまとめた太陽光発電の導入拡大のためのアクションプランを発表しました。家庭に加えて、道路や鉄道、空港、小中学校など公的な施設への導入を加速するのが柱となっています。また太陽光や風力、原子力発電など温暖化ガスを排出しない「グリーン電力」の卸取引を17日から始めることも発表しました。
電力会社は風力や水力などの発電事業者が発電したグリーン電力を市場から購入できるようになる形となり、温暖化ガスの排出が多く、排出削減に苦しむ電力会社はグリーン電力の購入によって排出量を減らしやすくなります。

それに伴い経済産業省は、地球温暖化対策を加速するため、2009年度内にも電気料金制度を改定する方針を固めました。温暖化ガスの排出は少ないものの割高な太陽光など新エネルギーの発電・調達コストの明示を電力会社に義務づける事とし、電力会社が利用者に費用負担を求めやすくすることで、普及を後押しをします。中長期でみると料金の上昇要因となるのですが、低炭素社会づくりを急ぐには家計や企業の負担増は避けられないと判断したようです。

これは燃料価格高騰を受けた激変緩和とは別の措置としています。電力会社は現在、新エネ導入にかかった費用を明らかにしていませんが、経産省は電力会社の会計規則を定めた省令を09年度中にも改正し、費用の開示を義務づける方針としています。
スポンサーサイト
【2008/11/12 10:42】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<新聞に載りますよ! | ホーム | ゴジラで環境を考える!>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。