―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

BMW社がミニのエコカー発表

ドイツのBMW社が皆さんご存じ『ミニ』の電気自動車を発表した。
『ミニ』の電気自動車『ミニE』の実証試験を2009年初めから北米で行う事として、年内に500台を生産する。個人ユーザーも参加して公道で日常走行する画期的な試みになるという。このミニEは『ロサンゼルス・モーターショー』で初公開する。

「ミニE」は、コンパクトカー「ミニ」の電気自動車版で、後席用の室内スペースに搭載した高性能の充電式リチウムイオンバッテリーから電力チャージし、定格出力150kW(204ps)の電力モーターで駆動する。乗員は2人となっている。

最大蓄電容量は35kWhで、標準的なコンセントから充電可能。同こんのウォールボックス(壁面取り付け用配電ボックス)を使って、約2時間半で充電が完了するという。1回の充電で約240kmの走行が可能となっており、車両重量は1465kg。

電気モーターの最大トルクは220N・mで、発進から時速100kmまでの加速性能は8.5秒。最高速度は、電子制御で時速152kmに制限される。また、「ミニE」の重量配分に合わせて設定したサスペンションによって、「ミニ」譲りの俊敏性とハンドリングを発揮するという。

実証試験では、米カリフォルニア、ニューヨーク、ニュージャージーの3州で個人と企業を対象に台数限定で提供。実際の日常走行の条件下に500台を送り出すことで、実用に基づいたデータを幅広く収集する。延長オプションを含む1年間のリース契約で引き渡し、リース終了時にはBMWが回収する流れとなっている。

今、国際的・世界的にエコカーブームが起こっており、環境問題へ目を向けている事が解る。
今後更に多くのメーカーが開発販売をする事によって、価格の低下もはかれる為そこに期待したい。
スポンサーサイト
【2008/11/04 13:59】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<伊勢崎市「境産業祭」のお知らせ | ホーム | 環境サミット地域ver>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。