―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

京セラパネルの進化です!

進化と言いましても、「画期的」と言える感じではありませんが、出力を大きくする事で言えば十分進化と言えるかな?と思います。以下お知らせとして抜粋しました。

「京セラパネルについて」
発表日:2008年10月22日
→国内住宅市場向けに新製品を提案
    =モジュール出力を向上した京セラの住宅用太陽光発電システム

京セラ株式会社は、太陽電池モジュールがより大きな出力を得られるよう、基幹デバイスである太陽電池セルを従来タイプ(150mm×155mm)よりひと回り大型化し、156mm×156mmサイズを標準タイプとして切り替えています。すでに、同セルを採用した公共産業用システムの新型太陽電池モジュール(208.4W)を10月より市場投入していますが、このたび、住宅用太陽光発電システム向けにも新型セルを採用したモジュールを製品化し、11月1日より順次、株式会社京セラソーラーコーポレーションを通じて販売していきますのでお知らせいたします。

今回、出力アップした新型太陽電池モジュールを展開していく同システムは、日本家屋特有の複雑な屋根形状にも美しく設置できる『SAMURAI(サムライ)』と、切妻屋根や陸屋根などに設置する標準タイプの『ECONOROOTS(エコノルーツ)』です。『ECONOROOTS』は、モジュール1枚あたりの出力が183Wで、京セラ製の住宅用太陽電池モジュールの中で最高の出力となります。11月1日に『SAMURAI』を投入し、その後順次『ECONOROOTS』を投入していきます。

パワーアップしたシステムをお客さまのニーズに合わせて提案し、京セラは今後も太陽光発電システムの普及と地球環境への貢献を図ってまいります。

との事です!
簡単に言いますと、パネルに張ってある電池の大きさを若干大きくする事によって、パネルの出力を今よりも大きくしますよー!と言う事です。

1枚の出力増量は微々たるものですが、屋根に設置する枚数が多くなれば、それなりの出力増量も望めますね。
スポンサーサイト
【2008/10/23 17:16】 | システム | トラックバック(0) | コメント(0)
<<秋のエコ生活フェア開催! | ホーム | 皆さんが感じた温暖化の影響>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。