―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

地球温暖化「No4」

現在、地球温暖化の影響で数多くの生物に影響が出てきている。
今回は絶滅する危険性がある動物達の事について記していこう。

生息状況が分かっている生物は、世界で約4万4000種いる。その内の約38%に当たる1万6928種が絶滅の危機にあると、2008年版の「絶滅危惧種リスト(レッドリスト)」を各国政府や環境保護団体で組織する「国際自然保護連合(IUCN)」がまとめ、バルセロナで開催中の総会で発表した。

最新の手法で再評価した哺乳類では、半分の種で個体数が減少、ジュゴンなど約4分の1にあたる1141種が絶滅の危機にあることが判明し、日本でも「米軍普天間飛行場の移設」が予定されている沖縄県名護市などで群落が確認されているアオサンゴも初めて掲載された。絶滅危惧種の数は昨年に比べ622種が増加し、IUCNは「人間活動によって生態系に大変なことが起きていることを示している。この流れを変えるため、各国は明確な目標を掲げなくてはならない」と警告した。
日本の哺乳類では、南西諸島のヤンバルホオヒゲコウモリが新たに「絶滅の危険性が極めて高い」とされた。

顔に腫瘍ができる感染症の拡大で10年間で60%減少したオーストラリアのタスマニアデビルが初めて「近い将来に絶滅の危険性が高い」とされ、香港を中心に高級魚として取引されているハタの仲間20種も加わった。各地で個体数の減少が深刻な両生類も新たに366種が加わった。ホッキョクグマやタテゴトアザラシは地球温暖化の影響を受けているとされた。

IUCNが世界の哺乳類5487種を再評価した結果、データが十分に集まった4651種のうち1141種が絶滅の危機にあるとされた。絶滅の危機にない種であっても安全ではなく、52%の哺乳類が減少傾向にあるという。
特に海生哺乳類は深刻で、汚染や船との衝突などで約36%が絶滅の危機にあるとしており、対策強化が求められそうだ。


このように、絶滅の危機にある動物は数が多く、植物を入れるとさらに増える。
現段階でこれだけの異常をきたしている状態で、もちろん温暖化だけが原因では無いのだが、今後平均気温がさらに上がった場合、「人間」も絶滅する可能性が無いとは言えないのではないだろうか?

どこかで止めなければいけない温暖化。
皆さんも真剣に受け止め、温暖化対策を実行してほしいと思う…。
スポンサーサイト
【2008/10/07 16:44】 | コラム | トラックバック(0) | コメント(0)
<<超住宅フェア迫る! | ホーム | 昨日に引き続き>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。