―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

二酸化炭素排出権付き傘!?

CO2排出権と言う事を聞いたことがある人は多いと思います。
自然エネルギーにて発電をした電力などに価値を持たせ、それを販売する事であるが今回札幌の主婦3名が二酸化炭素排出権付き傘を販売したとの事です。以下抜粋。

主婦3人は、任意団体「Be.優美」を結成し、地球温暖化防止の取り組みとして二酸化炭素(CO2)排出権付き雨傘の販売を進めている。
主婦らは、消費者が排出権付きの製品を購入することで、間接的に温室効果ガス削減努力に貢献できるという「カーボンオフセット」に着目。札幌の仲介業者から4トン分を取得し、約3000円の傘にCO2240キログラム相当(約200円)を付加して販売している。
カーボンオフセットは、事業活動や日常生活でCO2を排出した企業や個人が自力では排出削減が困難な部分を、排出権購入で排出量を相殺したとみなす仕組み。
海外の事業者が独自にCO2を削減することで得た排出権を仲介業者が買い取り、排出権をさらに優美が購入。傘に付加した価格は、消費者が購入することでCO2削減のために投資し、貢献したという考えだ。
商品に雨傘を選んだ理由は、解けた雪の下から春先に、ビニール傘が大量に見つかったのがきっかけ。物を大事にする気持ちを持ってほしい、と考えたという。雨傘は優美のホームページから通信販売している。
メンバーの仲村みちよさん(50)は「カーボンオフセットは誰でも身近な所から取り組める。環境問題にもっと危機感を持ってほしい」と話す。

徐々に一人一人が真剣に環境を考え、行動に移してきています。グリーン電力・カーボンオフセットなど、分かりにくい事もあります。もちろんもっと簡単な事でも一人一人が行動すると大きな効果が生まれてきます。ただ、その環境への取り組みの先駆けとして行動した人はやっぱり凄いなと思います。
私どもも負けずに頑張らないといけませんね!
スポンサーサイト
【2008/09/19 15:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ちょっとしたエコ活動 | ホーム | 氷河の減退>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。