―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

熱波の危険性増大

地球温暖化が進むと、熱波の危険性が今後増大していく可能性が高いとオランダの気象研究所などがレポートをまとめた。
現在だと100年に1回程度の頻度で起こる激しい熱波が、2050年ごろからは数年―十数年に1回程度の頻度で発生する可能性があるとのことで、今世紀末には50度を超える熱波を経験する地域が広がり、日本も最高気温が現在から5度以上も上昇、北海道など一部の最高気温の上昇はさらに大きくなる恐れがあるという。
今後の温暖化の進行に関する研究は、平均気温の変化に関するものが中心で、熱波の発生予測は少ない。グループは「各地で農産物の減産が深刻化し、アジアや中東などの人口密集地では死者が急増する危険がある」と警告している。
コンピューターモデルでシミュレーションを繰り返し、熱波の発生に温暖化が与える影響を解析した結果、熱波の発生頻度は、平均気温の上昇を上回るペースで高まり、今世紀末には赤道をはさんだ世界の広い範囲で50度を超える熱波が、オーストラリアや欧州南部、米国の一部では40度を超える熱波が頻繁に発生すると予測した。
日本に関する予測は精度が低いが、今世紀末には沿岸の一部を除き45度を超える熱波を経験する可能性があるという。

気温の上昇と言う現象は現在も起ってはいるが、熱波と言う瞬発的な現象が今後増えると言うことで、やはり温暖化への対策は早めに講じないとならないだろう。
スポンサーサイト
【2008/09/11 16:52】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<エコ商品講座 | ホーム | エコカー激戦+α>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。