―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

長野へ行ってまいりましたー!

と、また更新が滞ってしまっている今日この頃です…。

昨日は長野県へ提案&ご成約を頂きに行ってまいりました。
無事ご成約と提案が終わり、長野市の助成金も無事申請ができ、さて帰宅となったところでお腹がすいている事に気付きました(笑

帰りのサービスエリア(上信越道)、東部湯の丸にて戸隠そばを食べ、とてもおいしく満足しましたー!サービスエリアの食事は、あまり良いイメージが無かったのですが、近年はとても力を入れているらしくびっくりするくらいおいしかったです。
特に週末が高速道路が1,000円となった事もあり、利用客が増えた為、他のサービスエリアに負けるな!と言う勢いが強いようです。


ところで、高速道路の無料化と言うマニュフェストをうたった民主党ですが、これは実現する気なのでしょうか…。
良いことばかりじゃないと私は思いますが、皆様はどう感じますか??
スポンサーサイト
【2009/09/18 13:29】 | 会社日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

ソーラーカーのパネル

シャープは、同社製の太陽電池を搭載したソーラーカー「Tokai Challenger」が完成したと発表しました。東海大学でソーラーカーの高効率走行の研究に取り組むチームが製作したソーラーカーで、同大学チームは今回完成した車両で今年の10月下旬に、オーストラリアで開かれる世界最大級のソーラーカーレースに参戦する予定となっています。

このソーラーカーに使われている太陽光パネルは、人工衛星などに使う高機能の化合物太陽電池となっており、太陽光からエネルギーへの変換効率はセルベースで約30%と世界最高水準で、出力は1.8キロワットとなっています。
東海大学が参戦する「グローバル・グリーン・チャレンジ」は、太陽光のみを動力源にオーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまでの砂漠地帯約3000キロメートルを縦断するレースとなっています。このレース踏破の行方に期待です!
【2009/09/08 16:12】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

秋晴れです!

本日は埼玉県のさいたま市にて設置工事で御座います!
久々にスカっと晴れて、今日は屋根上が暑くなりそうですがそれもまた嬉しくなります!!

晴れと言えば、今年の夏はあまり「猛暑日」が無かったからなのか、なんとなく物足りなく思ってしまいますが、猛暑日が続いたら続いたで「暑い暑い…」と言ったのだろうなぁとも思います…。当社は日本で一番暑いとされる「熊谷」「館林」にとてもとても近い位置にありますので、やはり暑さに飢えてるのでしょうか(笑

太陽光発電を取扱いはじめてはや8年になりますが、職業病なのか「天気予報を見る」「晴れがやけに嬉しい」そして「屋根を見る」と上を見続けてるような気がします。
上を見る事は良い事ですよね?(笑
【2009/09/05 11:21】 | 会社日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

ベンツもハイブリット化

国内自動車メーカー各社から「HV」「EV」と、エコカーが数多く発売されてきている今、メルセデス・ベンツが輸入車では初のハイブリッド車「メルセデス・ベンツ Sクラス ハイブリッド ロング」を発売しました。

この「Sクラス」は同社の最高級セダンで、輸入車では初のエコカー減税対象車とは言うものの、価格は1405万円ととても高額となっています…。
排気量3500ccの6気筒エンジンと電気モーター、軽量・高出力のリチウムイオン電池を組みあわせた動力となっており、減速時にバッテリーを充電したり、時速15キロメートルを下回るとエンジンが自動的に停止したりする機能を搭載しています。同じクラスで排気量が同じガソリン車と比べて、燃費性能は約30%向上したとの事です。

このハイブリットベンツはヨーロッパで6月下旬に発売しており、米国にも8月に投入しこれから日本国内での販売促進を行います。
【2009/09/04 14:34】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

環境配慮型コンビニ!

株式会社セブン-イレブン・ジャパンは、昨日の2009年8月31日に、東京都多摩市で最新鋭の省エネ設備を初めて導入した環境配慮型店舗「セブン-イレブン 多摩豊ヶ丘4丁目店」を開店しました。
この「セブン-イレブン 多摩豊ヶ丘4丁目店」は、太陽光で発電した電気を店内照明等に使用し、店内に太陽光を取り入れるトップライトと店内照明のLED化により電力量を大幅に削減した最新鋭の環境配慮型店舗となっています。

この店舗は従来より、エネルギー効率の高い省エネ型設備を導入しているほか、店舗施設・設備の定期点検やメンテナンスを実施し、各店舗における消費電力の削減に努めており、消費電力を抑えた環境配慮型の店舗を拡大していく方向となります。

また、店舗の概要としては以下の通りとなっています。
店名 :    セブン-イレブン多摩豊ヶ丘4丁目店
開店日 :   2009年8月31日(月)
住所 :    東京都多摩市豊ヶ丘4丁目11
営業時間 : 24時間年中無休


環境配慮型店舗の特徴としては、太陽光の恵みを最大限に活用しており、ロスの少ない総合的なシステムを構築しています。

○太陽光発電 ⇒ 太陽光発電により昼間の消費電力削減を図る
○トップライト ⇒ 太陽光を店内にふんだんに取り入れる事により基本的に昼間の照明を消す
○直流(太陽光発電)から直流(LED照明)で消費することにより、直流から交流に変換するロスのない仕組み
○太陽光で発電した電力は店舗内で使い切る(蓄電、売電はしない)
○太陽光発電を優先し、不足分を商用電力が補い、直流と交流を自在にコントロールできる仕組み
○天候や時間帯に合わせて自動で最適な室内照度を保ち必要以上の消費エネルギーを削減

また、店舗の空間全体で省エネを図っており、最新の省エネ設備の導入しています。
○LED照明や太陽光の反射を考慮して内装デザイン(内装材)を検討
○温かみのある床(セラミックタイル)の使用
○清潔感と高級感のあるカウンターの使用
○フロントガラスについても断熱ペアガラスを導入
○設備什器の照明をLED化
○冷凍冷蔵庫の室外機からでる排熱を利用した給湯設備の導入
○冷凍冷蔵庫のドアから霜取りヒーターを撤去(特殊ガラスの対応)
○省エネ型の空調設備の導入
○省エネ型換気システムの導入(熱と湿度を無駄にしない、全熱交換機の採用)
○ゴンドラについてはリユース品を導入、資源の有効活用

これら内容での省エネ効果としては、1店あたりの消費電力量として削減電力量が「約53,000kWh/年(2008年度比約30%削減)」となり、2008年度1店あたりの平均「178,000kWh/年」に比べて大きな削減効果となっています。

今後はイロイロな店舗でこのような環境配慮型にかわっていくのでは無いでしょうか?
【2009/09/01 11:04】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。