―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

エコロジーと政権

昨日の夜に民主党が過半数を超え、政権交代となりました。
エコに関してのマニュフェストとしては自民党の方が前向きに取り入れていたようですが、今後の対策はどうなるのか?とても気になります…。

現在、国からは太陽光発電やエコキュートへ助成金が出ており、今年度から電力の買取制度も始まる事となっています。特にこの買取制度は現在ヨーロッパなどで実績のあるエコへの取り組みです。この買取制度の期間としては10年間の予定ではありますが、無期で延長や買い取り金額の増額などが望ましく思えます!

高速道路の無料化と言った事も言っていましたが、これについては利用する側としましては嬉しいですが、排ガス量の増加や電車関係、整備関係などなど難しいところで御座います…。


何はともあれ政権交代!
新しい日本になるでしょうか??
スポンサーサイト
【2009/08/31 16:14】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

太陽光発電の出荷量

太陽光発電協会が発表した太陽電池の出荷統計によると、4~6月の国内出荷は発電能力ベースで前年同期比1.8倍の8万3260キロワットと、四半期としては3年半ぶりに過去最高を更新しました。環境意識の高まりに加えて、住宅向け太陽電池への補助金制度が相次いで導入され費用負担が減った事が大幅な伸びの要因では無いでしょうか。

国内出荷としては一般家庭の約2万4000戸分に相当しています。1月に政府が住宅向けの補助制度を再開したほか、4月には東京都や横浜市など多くの地方自治体が独自の補助制度を新設・拡充したことが後押しし、出荷の92%を住宅用需要が占めた結果となりました。

その結果として、各メーカー共に生産量が追いつかずにちょっと設置までに時間がかかっているのも事実です。各メーカー共に生産量の増産を行い対処しています。
【2009/08/24 13:26】 | システム | トラックバック(0) | コメント(0)

ホンダもEV車開発へ

ホンダは電気自動車を開発し、2010年代前半をめどに米国市場に投入する方針を固めました。
アメリカのオバマ政権が環境規制強化を打ち出しており、大手メーカーは排出ガスが出ないEVなどの販売を増やすよう求められています。
環境対応車では先行して普及し始めたハイブリッド車に続きトヨタ自動車、日産自動車を加えた国内3強が出そろい、米国のメーカーなども含めた競争激化が価格低下や普及を後押しする可能性があります。

車の開発を手掛ける本田技術研究所が既に開発を始めており、10月開催の東京モーターショーで試作車を公開します。車体は軽自動車ほどの大きさとなっています。
生産技術などを手掛けるホンダエンジニアリングも10年をめどに設備を設け、グループを挙げて商品化を急いでおり、発売時期は市場動向などをみて決めるとの事です。
【2009/08/22 15:33】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

エコカー情報!

ハイブリット車を主に今まで書いてきましたが、今回はEV【電気自動車】についてです。
EVの普及に向けての動きが本格化してきました。環境問題の高まりが背景となっており、メーカー各社は開発を加速し、一部で発売も始まっております。バッテリーの性能がここ数年で向上したことも実用化の加速化に影響を与えております。各自治体でも支援制度を開始しており、行政からの後押しがあります。

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は「2020年には世界全体の自動車需要の10%にあたる600万台がEVになる」と話しており、10年から日米欧で売り出すEV「リーフ」の発表会で将来予想しています。
リーフの特徴は低価格にあります。EVは車両価格がガソリン車に比べて高いことが欠点でしたが、バッテリー部分をリース方式にして毎月の均等払いにすることで一般の中型車と同程度の自己負担で購入できる価格にする予定となっています。

また三菱自動車の「アイ・ミーブ」は7月から東京電力や神奈川県、岡山県などの地方自治体や企業に販売を開始しており、09年度に約1400台を販売する予定となっています。来年の10年度には個人向けも発売を開始します。

富士重工業も「スバル プラグイン ステラ」を7月に自治体向けに発売開始し、ハイブリッド車で他社より先行したトヨタ自動車も開発を本格化しています。

地方自治体も相次いでEV向け施策を打ち出しており、東京都はEV購入者に対して国の補助金とは別の補助金を設定するほか、充電施設を設ける事業者に対しても補助金を支給する方針としています。神奈川県はEVが利用した場合の駐車料金を割り引くほか、京都府と京都市もレンタカーやタクシー会社に購入費の補助を始めました。

現在EVの問題点としては、1回の充電での走行可能距離が約160キロとガソリン車に比べて短いことや、充電器などのインフラ整備がまだ十分ではない点が挙げられます。今後これらをどう改善するかにも注目が集まっております。
【2009/08/21 15:15】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

自治体の助成金

国の太陽光発電システムの助成金が昨年末から開始されました。
これを受けてか各都道府県や、各市町村でも太陽光発電の助成金を出しております。

今年初めにはでていなかった自治体であっても、8月から開始した地域や9月から開始する地域もあるようです。
今現在太陽光発電システムの導入をお考えの方は、一度各自治体へ電話などで問い合わせなどをしてみてはいかがでしょうか?当社でもイロイロなお客様から「うちはどうなの?」とお問い合わせを頂いておりますので、自分で聞くのは…と言う方がいらっしゃいましたら是非当社までお問い合わせくださいませ。

場所にはよりますが、「国・県・市」の3か所から出ている場所も御座います。この機会にぜひご検討いただければと思います!
【2009/08/14 13:38】 | システム | トラックバック(0) | コメント(0)

明日からお盆休みです

ココ2週間ばかり、御盆前と言う事もあり忙しい日々を送ってまいりました!
施工や連系、提案に加えてお祭りの実行委員会に入った事により会議~本番とイロイロと充実した日々となっていました…。

と言う訳で、明日よりお盆休みとなります。

当社の休みは12日(水)~15日(土)となっております。
各担当(私も含めて)、携帯電話はしっかりと持って動いておりますので連絡はとれますのでご安心いただければと思います。

よろしくお願い致します。
【2009/08/11 17:02】 | 会社日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

エコポイント情報!

省エネ家電の普及を促すエコポイント制度は、ポイント登録や商品交換の申請受け付けが始まってから1カ月が経ちました。このエコポイントの申請は50万件を超え、薄型の地上デジタル放送対応テレビなど対象製品を扱う販売店の売上高は大幅な増加をしました。この事から2009年度限りとされた制度の延長を求める意見も出て来ています。

ただし追加経済対策の目玉となった制度の導入としては、企業の設備投資を拡大するまでには至っていないのも現状です。「需要の先食いにすぎない」との指摘もある事から、景気浮揚の効果を判断するには、まだまだ時間が掛かりそうです。

受付件数約51万件の内、対象製品の売れ行きとしては薄型テレビに加え、冷蔵庫が売れているとの事です。
家電量販店やスーパーなどの販売店では、家族連れの来店が増えており歓迎ムードとなっています。ただ、家庭用エアコンの売り上げは伸びていないようです。6月の国内出荷実績は前年同月比6.5%減となっており、天候不順が打撃となっています。
【2009/08/04 17:40】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。