―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

オーストリアの発電所

オーストリアのウィーン近郊に1970年代に建設され、一度も運転することなく廃止されたツウェンテンドルフ原子力発電所で、太陽光パネル300枚が設置され発電が始りました。不要になった原発で太陽光発電を行うと言う例のない試みで、計画を進めた地元電力会社は「エネルギーの将来を考える上で歴史的な日だ」と述べています。

ツウェンテンドルフ原発はウィーンの西約50キロにあり、オーストリア唯一の原発として完成状態にあったのですが、1978年の国民投票で操業しないことが決まり、施設はその後地元電力会社が買収し国外の原発技術者の訓練が行われています。

電力会社は120万ユーロ(約1億6千万円)をかけて原子炉建屋の屋上やその周りに太陽光パネルを設置し、来月中に計1千枚に増やす予定としています。これによって年間の発電電力量は18万kw/hとなり、好天時の日中には数百世帯分の電力を賄えます。

オーストリアではツウェンテンドルフ原発をめぐる国民投票に続いて、78年に議会が原発建設を禁じる原子力禁止法を可決しました。従来の水力発電のほか、風力発電など再生可能エネルギーの普及に力を入れています。

今後、この太陽光発電所が成功する事によって、各国で同じような試みが増えていくのでは無いでしょうか?
スポンサーサイト
【2009/06/29 12:24】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

梅雨はどこへ…

今日も群馬埼玉は30℃と、とっても夏で御座います!

「梅雨入りしました!」と言う気象情報を聞いてから、「あぁ、雨だ…。梅雨だなぁ。」と思った日は恐らく3日と無い気がします…。


天気図を見ると確かに、日本の南には梅雨前線が停滞し梅雨ではあるのですが、蒸し暑いのは普通に日本の夏を感じます。大陸(ユーラシアです)方面からの高気圧が強いからなのか、はたまた日本列島が温まってしまって上昇気流が生まれているのかなかなか前線が日本に掛かりませんね。

雨が降るのは我々にとってはいいことでは無い[太陽光発電屋さんですから(笑]のですが、やはり水不足の問題が心配になります。もちろん農作物への影響も出てきますし…。


では久し振りに私の徒然な話ではありましたがこれにて!
これから宇都宮へ提案へ行ってまいりま~す!!(帰りに餃子をたべてきます…
【2009/06/28 11:57】 | 会社日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

電池はやっぱり三洋です

太陽電池やエネループ(充電式の電池)と、電池と言えば三洋電機と言えるのでは無いでしょうか…。
そんな中三洋電機は、ハイブリッド自動車用ニッケル水素電池の生産能力を昨年度の月産100万個から、今年度中に350万個へと、3.5倍に引き上げる方針を明らかにしました。
今年の決算発表時には09年度中に2.5倍の250万個とする計画を公表していたのだが、ハイブリッド自動車の需要の増加から、上方修正する事に決定しました。

大阪市内で開かれた株主総会で、電池事業担当の本間充副社長が株主との質疑応答の中で明らかにした事で、数十億円を投じハイブリッド車用ニッケル水素電池の唯一の製造拠点である洲本工場の生産ラインを増設します。

三洋はホンダや米フォード・モーターにニッケル水素電池を供給しており、ホンダが2月に発売した「インサイト」の販売・受注が好調となっています。さらに両社以外の国内外の自動車メーカーへの電池納入も目指しており、大幅な増産が必要となってきた事も要因の一つとなっています。
【2009/06/27 13:43】 | システム | トラックバック(0) | コメント(0)

エコポイントでカタログを!

省エネ家電の購入を促す「エコポイント」ですが、このポイントと交換できる主な商品と必要なポイントを示したカタログを政府はエコポイント事務局のホームページで公表しました。
1ポイント=1円換算となっていますが、手数料や送料の関係で交換比率は商品ごとに異なっています。
例えば、JR東日本のIC乗車券Suicaの場合には、1万3500ポイントで1万2千円分と交換となり、全国百貨店共通商品券は5千円分、1万円分、1万5千円分の3種類あり、それぞれ必要なポイントは5千、1万、1万5千と同額になっています。
また、地域振興券的なプレミアム付きもあり、北海道士幌本町商店街の「大地くんプリペイドカード」は1千ポイントで100円お得な1100円分と交換でき、静岡県掛川市共通プレミアム買物券「お千代小判」は5千ポイントで5500円分と地域ごとにプレミアム度合いも違うようです。

カタログは、6月末までに全国の郵便局や家電販売店でも閲覧できるようにする方針として、すべての交換商品も事務局ホームページに掲載されます。

エコポイントがもらえる商品は統一の省エネラベルで原則四つ星以上の「エアコン」「冷蔵庫」「地上デジタル放送対応テレビ」で、5月15日から来年3月末までの購入分が対象となります。ポイント登録や商品交換の申請は7月1日から受け付けます!
【2009/06/25 15:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

エコカー激戦情報!

たびたび私のブログに登場するエコカー激戦情報です。

ホンダのインサイトが販売され、トヨタでは新型のプリウスが発売され「さて!ハイブリットカーはどうなるかな!?」と言う時期にやってまいりました。
今回はそのプリウスの情報としてトヨタ自動車が発表したもので、新型「プリウス」の国内受注台数が、発売から1カ月に当たる6月17日時点で18万台に達したとの事です。
トヨタは「把握している限り前例がないペース」(広報部)としており、新型プリウスは記録的ヒットとなりそうです。

環境意識の高まりや「エコカー減税」が追い風になっている事もあり、性能を向上させた一方で最低価格を205万円に引き下げたことも売り上げ激増の一因となっているようです。
イロイロなプラスな要因が重なって、発売日時点で事前受注が8万台以上としていましたが、その後1カ月で約10万台増やした計算となっています。

ちなみに、現在の受注約半数は220万円の中間グレードが占めていると言う事です。


世界中で新車販売が激減する中、プリウスの好調な滑り出しは明るい材料となります。ただし現在納車までに約7カ月待ちとなっており、供給能力の拡大が新たな課題となっています。
【2009/06/22 14:41】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

ニッポンニアニッポンですね

タイトル通り「トキ」のお話です。
一昨日車で移動中、いつもラジオを聞いているのですが、その中で雌のトキ1羽が新潟県佐渡市から飛来して1カ月になるのを記念し、富山県の黒部市が飛来地近くで「特別住民票」を交付した事を話していました。

その特別住民票の交付式で、黒部市の堀内康男市長は「黒部を選んでくれて感謝している。1日でも長くいてほしい」とあいさつをし、トキに届くように、特別住民票を風船に付けて空に飛ばしました。黒部市は今月11日に雌のトキの愛称を「トキメキ」と決め、戸籍名として5月に亡くなった元佐渡トキ保護センター長近辻宏帰さんの妻道子さん(65)にちなんだ「ミチコ」としました。
戸籍は昨年9月に10羽を放鳥した「佐渡市新穂正明寺」を本籍地としており、生年月日や性別も記載し、市役所で誰でも無料で請求できるようになっています。

実際に私はトキを生で見た事がありませんが、「日本の象徴のような鳥である」とも言われていますし、そのトキが各地で見られる事を楽しみに待ちたいと思います!
【2009/06/18 10:25】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

高速道路1000円は良いのだろうか?

カテゴリを会社日記としますと、高速道路の土日1000円と言うのはとても嬉しく、経費削減やガソリンや走行時間による二酸化炭素排出削減につながっております。

ただし、景気回復などの一環として、日本全体の環境対策の一環としてはどうでしょうか?

物流業界のトラックの運転手さんとしては、土日も仕事をしている場合高速道路が混み、時間内に荷物を届ける事が難しくなります。
もともと、ドライバーの方々は高速道路をあまり使用しないと言う事もありますが、使わない理由としては大型車料金が高い、実費で払わなければならない等、料金的な面がほぼ100%と言ってもいいのでは無いでしょうか?
物流として、高速道路を使用しないと言う事は、人件費(到着までの時間)、ガソリン代(アイドリングの長さ等)、環境面(排気ガスの排出)と言う3つの面でマイナスと言えます。

この事から平日も含めて大型車の高速道路料金値下げをした方がいいのでは無いでしょうか?
平日も含め大型車料金の値下げをする事で、物流業界が活性化し、運ばれる物品の輸送料金も多少値下げされ、物品自体の値下げにつながります。
景気対策としてはこちらを行う事で効果は上がりやすいように私は感じられます。


今後行政の取り組みに期待しています。
【2009/06/14 13:34】 | 会社日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

20年目標:温暖化ガス15%削減

麻生太郎首相は、日本の2020年時点の温暖化ガスの中期目標を05年比15%削減すると表明し、同時に目標実現に必要な政策や家計負担も提示しました。
太陽光発電を現状の20倍導入するほか、1世帯あたり年間約7万円超の負担増が必要だと試算しました。首相は05年比で欧州連合や米国を上回る目標値を打ち出すことで今後の国際交渉の主導権を握りたい考えですが、交渉では逆に目標値の上積みを求められる可能性もあります。

温暖化対策は膨大な財政赤字や少子高齢化による社会保障負担増などと並び、日本の政府、企業、家計の各部門で今後数十年の経済活動を制約します。首相が表明した中期目標は今後の国際的な枠組み(ポスト京都議定書)交渉で日本の基本的な立場となります。イタリア中部で開く7月の主要国首脳会議や、12月にコペンハーゲンで開く国連気候変動枠組み条約締約国会議を経て、数字が正式に決まります。

【2009/06/11 18:05】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

電気自動車インフラ整備

エコカーの激戦として徐々に増えてきた電気自動車ですが、インフラ整備についてが問題とされていました。そんな中、経済産業省は電気自動車の充電拠点の整備に向けて、今夏にも利用者がガソリンスタンドで充電した際に料金を徴収するシステムの実証実験を始める事となりました。
スタンドの屋根に置いた太陽光パネルでつくった電力を充電に使う実験も同時に行う事になります。大型駐車場でITを活用して充電する技術の開発も進めて行き、電気自動車の普及を後押しする形となります。

ガソリンスタンドではICカードや自動料金収受システム(ETC)を使用して、充電した電気料金を徴収できるシステムを開発していきます。最終的には店員がいなくても利用者がセルフで充電し、料金が支払えるような仕組みを目標としています。

まだまだ金額としては高い電気自動車ではありますが、今後量産体制ができ金額が安くなれば一気に台数は伸びていくのでは無いでしょうか?

【2009/06/08 15:22】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

助成金効果で設置件数アップ!

太陽光発電協会が発表した太陽電池の出荷統計結果を見てみますと、今年の1~3月の国内出荷量は発電能力ベースで前年における同期比が18%増となり、発電量は7万3268キロワットとなっていました。これは家庭用太陽光発電装置への補助金を1月から政府が復活したことが追い風となり、補助金が廃止される直前の数値と同等になったと言えます。

逆に同時期の輸出量は19%減り、景気悪化などで主力の欧州市場が低迷した事が原因となっています。この事から国内出荷と輸出を合わせた総出荷量は11%減となっています。

また08年度全体の総出荷量は、前年度比23%増の112万521キロワットとなり、国内が13%伸びたほか、12月まで好調だった輸出も26%増となった事が挙げられます。

今年は4月から国だけでなく東京都など多くの自治体が補助金制度を新設・拡充していおり、国内市場の拡大が見込めています。
【2009/06/07 16:44】 | システム | トラックバック(0) | コメント(0)

太陽光発電売電買取制度

太陽光発電システムの普及が伸びてきている今、来年度から開始!とされていた売電の買取制度が今年から開始される事となりました。

「以下発表記事」

経済産業省は、家庭などが太陽光パネルで発電した余剰電力を、現在の約2倍の価格で電力会社に買い取らせる新制度を年内に始める方針を固めた。当初は来年中の開始を想定していたが、消費者の環境意識の高まりなどを受け、前倒しする。電力会社による買い取り費用の増加分は電気の利用者が負担する仕組み。標準的な世帯で電力料金が月数十円上乗せされる見通しだ。

買い取り価格を引き上げるのは、太陽光パネルの普及を促すのが狙い。現在国会で審議中の「エネルギー供給構造高度化法案」に新制度が盛り込まれている。経産省資源エネルギー庁の石田徹長官が同日の衆院経済産業委員会で「年内には施行できるように努力したい」と述べた。

「以上発表記事」

まだ具体的な数値や、開始期間などは決定されてはいませんが、助成金に加えての新制度となり普及の加速が予想されます。
現在、各メーカーともパネルの生産が普及に間に合わず、若干設置までに時間がかかっている状態です。メーカーの量産体制も整う事によって、更に設置件数が増えていくのでは無いでしょうか?
【2009/06/06 11:29】 | システム | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。