―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

太陽光発電を大量導入にむけて

各電力会社は太陽光発電の大量導入に備え、太陽光発電が送電網に与える影響を調べる全国規模の実証実験に乗り出します。
2030年までに現在の40倍の太陽光発電導入を目指す政府目標を達成するには、送電網の技術革新が必要とされ、天候変化による太陽光発電の出力変動や送電網への負荷などを検証して、再生可能エネルギーと共存可能な電力系統の開発につなげる方針としています。

この実証実験は3年間で総額14億円となっており、国がその半額を補助します。
各電力会社の営業所などに設置した太陽光発電施設111カ所(出力合計1500キロワット)をつないで出力を1秒単位で計測し、システム全体の出力がどう変動するかを調査します。

また上記した通り太陽光発電は天候によって出力が変動し、電力品質に影響します。しかし、日本全体の太陽光発電設備を合計すれば変動は相対的に小さくなり、電力品質への影響も限定的になる「平滑化効果」と言うものもあります。
全国規模の実験によってこの平滑化効果がどの程度なのかを調べて、「蓄電池容量がどの程度必要になるのか」「太陽光発電の変動を補完する電源がどの程度必要か」などを実証します。
スポンサーサイト
【2009/05/25 13:51】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

世界No,1の効率!

三洋電機は、太陽光発電パネルの主要部品である太陽電池で、太陽エネルギーを電気に変える変換効率を、22.3%だった従来の記録から23.0%に塗り替え、世界最高記録を更新し2~3年後の量産化を目指します。

記録更新はシリコンを使ったタイプで100平方センチメートル以上の実用サイズで達成しました。太陽電池を複数枚配列した太陽光発電パネルの変換効率は、現状他社では10%台のものが多く、今回は部品性能が向上したことから、パネルの20%台も視野に入れ開発競争で優位性を確保する事を目標としています。
現在発電効率の向上は、設置するパネルの面積が小さく済み、販売価格の低下につながるだけに、国内外のメーカー間で効率向上の開発競争が過熱しています。
太陽電池の変換効率の引き上げは、22%台が中心だったが、三洋は実用サイズとして世界で初めて23%の壁を突破し、パネルでの20%台実現に向け、ライバルを突き放した形となります。

三洋の太陽電池は、電池表面で受けた太陽光を発電層に導く役割を持つ「導電膜」などを改良し、吸収損失を低減することに成功し、電気の素である「電荷」を効率的に取り出す技術を確立し、電流が約0.8%増え、1平方センチメートル当たり39.5ミリアンペアへと改善しました。


太陽光発電システムは、国が設置時の補助金制度を3年ぶりに復活させたほか、東京都など自治体も独自の補助金制度を始めるなど、2か所または3か所から助成金が貰えることで追い風が吹いています。一般住宅向けでは、2009年度は前年度を60%以上上回る10万件弱の設置が見込まれています。

一躍、有望市場になったことで、メーカーによる販売競争も激しさを増しており、三洋電機は国内生産量でシャープ、京セラに次いで3位となっています。4位の三菱電機が追い上げる中で、低価格を武器に中国の太陽電池メーカー、サンテック・パワーが日本市場に参入するなど攻勢をかけており、商品の品質面での優位性を打ち出す必要に迫られていました。
今回の技術革新の量産化は数年後となっていますが、高い技術力を誇示することが消費者へのブランド力アピールにつながると考えています。
ただし現在は「変換効率と言う基準の方式が多数ある為」国内メーカー間ではこの方式の違いを利用し、それぞれが変換効率について「世界最高」「業界最高」とアピールしています。
今後は消費者の混乱を回避するためにも、基準作りが求められるのではないでしょうか。
【2009/05/24 09:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

エコポイントの出だし!

省エネルギー家電の購入を促す「エコポイント制度」が15日にスタートしました。
家電量販店は制度導入前の買い控え防止策だった値引きやポイント還元率の上乗せを同日以降も継続をして、新制度と合わせると表示価格より実質的に3割程度安い商品も出す方針を出しています。量販各社は「特需」取り込みに躍起だが、ポイントがどの商品と交換できるかなど詳細は未定で、この土日は店頭での混乱も予想されています。

新制度では省エネ性能の高いテレビ、冷蔵庫、エアコンの購入者に国が3000円~3万6000円分のポイントを付与する仕組みとなっています。各社は来店客が急増するとみており、初日が平日にもかかわらず各店に土日並みの人員を確保している量販店もあったようです。

実際に昨日の客足としては、家電量販店はポスターなどを使い新制度のPRに熱を入れていたのですが、客の出足は比較的穏やかだったようです。本格的な商戦開始は今日からになりそうです。

ビックカメラでは売り場の一角に同制度の質問窓口を設置した店舗もあり、店員が「エコポイントが始まりました」と来店客に声をかけ、エコポイントのアピールを行っています。
「平日の開店直後としては客が多い」と店員は話しており、同日午前に制度開始を待って42型のプラズマテレビを買った都内の女性は、店頭価格が18万5000円の製品を「実質12万円台で買えた」と満足げに話していました。

本日の電気量販店の客足はどうだったでしょうか?皆様は足を運んでみましたか??
【2009/05/16 18:10】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

エコポイント知っていますか?

省エネ家電の購入を促すためのエコポイント制度が行われる事となりましたが、実際に皆さんの認知度がどのくらいなのかを、インターネット調査会社がアンケートを行いました。

それによると、「詳しく知っている」または「だいたい知っている」とした人は計39.0%となっており、「見聞きしたことはある」と回答したのは50.3%で、約9割の人が認知はしているものの、詳細まではあまり知られていないと言う分析結果となりました。

詳細を知らない人にも制度の概要を説明したうえで、制度を「利用したい」と答えたのは全体で63.6%となっており、利用意欲は若い世代ほど高く20代では68.2%となりました。
調査は4月27~28日に実施しており、調査時点ではためたポイントは商品券などに交換できるとする政府の方針は明らかになっていませんでした。アンケートの対象としては全国の20歳以上の男女で、全部で516人が回答した結果となっています。
【2009/05/14 20:34】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

更新が滞ってました!

皆様こんにちは!
お久し振りで御座います…。

今日で5月10日、最長の連休の方も本日で終わるかと思いますが、皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は3日4日と休日を頂きましたが、後は北から南へとイロイロと動いておりました(笑

御蔭さまで各自治体や国からの助成金が出ている為、前向きに検討して頂けるお客様がとっても増えてうれしい限りで御座います。先日もさいたま市のお客様にご成約を頂きました!ありがとう御座います。

さて、本日は母の日です。
皆様はどのようなプレゼントを用意しましたか?
私もしばらく悩んではいたのですが、結局カーネーションに落ち着き花屋さんまで行ってきました。
そこで、さてカーネーションを買おうと思った時に目に付いたのが、蜜柑の苗でした!
結構簡単に育つようで、二酸化炭素の吸収量もカーネーションに比べると大きいかなぁと言う、そんな理由で1本の蜜柑の苗を購入しました(笑

次の休みの時にでも植樹してみます!
【2009/05/10 10:49】 | 会社日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。