―風来の社長日記―
シルフ・エコロジー株式会社の代表をやっています長嶋拓史と申します。この日記には日々感じた事や、IHでの料理日記等を更新! 省エネや環境の事なども触れたりしますので、どうぞよろしくお願い致します★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

本日東関東方面へ

太陽光発電の助成金がスタートし、昨日から受付完了の書類がお客様宅へ到着し始め施工ラッシュになりつつあります。

施工は受付完了後となっていますので、本日からしばらくは施工が続き施工店の皆様も忙しくなります。無事当社が提出代行致しましたお客様は無事に完了届が届きつつありますので、ほっと一安心しております。


私も本日は茨城・千葉方面へ向かい、施工の立ち合いや提案を行います。環境の為・家計の為になる太陽光発電システムとオール電化を広めてまいります!
スポンサーサイト
【2009/01/31 11:11】 | 会社日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

燃料電池の普及へ向けて

燃料電池の普及に向けて、東京ガスなど大手都市ガス4社と新日本石油他数社にて、2009年度から本格販売する家庭用燃料電池「エネファーム」の普及に共同で取り組むと発表しました。初年度で計5000台程度の普及を目指しています。

協力するのは、東京ガス、東邦ガス、大阪ガス、西部ガス、新日石、出光興産の関連会社のアストモスエネルギーの6社となっており、共通のホームページで宣伝するほか、シンポジウムを開くなどして消費者の認知度を高める方針としました。

エネファームは、ガスや灯油から取り出した水素を酸素と反応させて発電する燃料電池と、発電時に発生する熱を利用した給湯設備を合わせた装置となっており、火力発電所からの電力と従来の給湯器を使うより、二酸化炭素を30%~40%程度削減できるシステムとなっているようです。

各社の販売価格は1台300万円を上回っており、140万円となる見通しの「国からの補助金」を使っても高い費用が掛かるため、普及には価格の引き下げが課題となるようです。

みなさんはいくらであれば燃料電池を設置致しますか??
【2009/01/30 16:08】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

山梨県に太陽光発電所

東京電力と山梨県が提携し、甲府市の米倉山に出力1万キロワットの太陽光発電所を建設することになりました。県の所有地に東電が発電所を建設する形になります。着工は2010年度とし、11年度に一部で運転開始を目指します。東電は投資額の見込みを明らかにしておらず、東電の太陽光発電所としては08年10月に発表した川崎市での計2万キロワットに次ぐ太陽光発電所の建設計画となっています。

この発電所の発電電力量は一般家庭3400軒分の年間使用電力量に相当する年間1200万キロワット時を見込んでおり、環境面としては二酸化炭素の削減効果が年5100トンで、一般家庭1000軒の年間排出量に当たります。

この計画は非化石燃料による発電を拡大したい東電と、未使用のままになっていた同所有地を有効活用したい山梨県の思惑が一致したことによって実現し、更には環境政策にも合致する太陽光発電所を建設することとなりました。

今後更に自然エネルギーによるエネルギー供給施設(発電所)が増えていくのではないでしょうか?
【2009/01/29 13:15】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

環境モデル都市

政府の地域活性化本部は、環境に力を入れている都市、「環境モデル都市」を新たに7都市を追加しました。これは、低炭素社会実現に取り組み、2050年までに温室効果ガス半減以上の目標を設定し、実効性のある削減策を挙げている点を評価したもので、モデル都市は計13市区町になりました。

選ばれたのは京都市、東京都千代田区、長野県飯田市、愛知県豊田市、堺市、高知県檮原町、沖縄県宮古島市の7都市となっています。

各自治体は3月末までに具体的な行動計画を策定し、京都市は省エネに適した「平成の京町家」建設を盛り込む事となっています。宮古島市は、サトウキビが原料のバイオエタノールの自動車燃料利用を計画し、檮原町は風力発電装置40基を設置するとしています。

政府は昨年4月から5月にかけて環境モデル都市を全国的に公募し、7月に横浜市や北九州市など6市町を初めて選定しました。今回の7市区町は「課題が残るものの、行動計画の策定過程で基準を満たすことが可能」として、モデル都市候補に挙げていました。


今後も「環境」に目を向けた都市が増える事によって、地域からの「ストップ温暖化」二酸化炭素の排出削減が身近になります。
国規模での対策は確かに重要ではありますが、それだけではなく、このように身近なところから始める環境対策は重要になるのではないでしょうか?
【2009/01/26 10:38】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

家族でゲームもエコのうち!

私の家族と言いますか、親戚一同は年末年始に必ず一回は一箇所に集まります(笑
そんなときにやるのは、トランプだったりスゴロクだったり、最近は甥っ子姪っ子も増えたので簡単なゲームをやります。

そんなこんなで、家族で一箇所に集まって、ワイワイとゲームをするのもエコのうちだと思いませんか?

一箇所に集まる事によって、照明は1部屋で済みますし、空調ももちろん1部屋で済みます。そしてゲームに熱くなれば、空調温度も下がります(笑

一家団欒の意味もありますし、光熱費の削減にもつながりますし、良いこと尽くめで御座います。
たまには、子供と一緒に!お父さんお母さんと一緒にゲームをしてみて下さい。
もしかしたら良い事があるかもしれませんよ???
【2009/01/25 18:28】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(2)

「いぶき」打ち上げへ!

昨日・一昨日と打ち上げを延期していた「いぶき」が本日打ち上げされます!
とは言え、天候次第ではまた延期の可能性は御座いますが…。

今回の打ち上げは、大気中の温室効果ガス濃度を宇宙から観測する人工衛星「いぶき」と共に、大阪府東大阪市の町工場が開発した「まいど1号」など小型衛星7個が相乗りしたH2Aロケットとなっており、鹿児島県の宇宙航空研究開発機構種子島宇宙センターからの八社となります。

この「気象観測衛星いぶき」は大気中の温室効果ガス濃度を観測する世界初の衛星となり、高度666キロの軌道上から地球上の5万6000カ所の二酸化炭素、メタンに関するデータを3日ごとに取得する機能を有しています。今後の宇宙から地球温暖化対策の一翼を担うことになる衛星となっています。

共に打ち上げられる小型衛星は、宇宙機構の技術実証衛星1個と、民間や大学の開発した6個となっており、大阪府東大阪市の中小工場がつくる東大阪宇宙開発協同組合と東北大、東京大、香川大、東京都産業技術高等専門学校、システム開発会社「ソラン」がそれぞれ開発、製作した衛星です。宇宙機構が公募した衛星の打ち上げ第1弾とし、今後も続いて行く予定となっています。

いぶきは開発から打ち上げまでの予算が計約346億円で、運用は5年間の予定となており、打ち上げは三菱重工業が担当しています。

環境の一大プロジェクトとして、今後の運営などに興味を惹かれます!!
【2009/01/23 11:17】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

環境対策で景気回復?

日経新聞の記事に自民党が「環境対策で景気回復を!」と言うものがありましたので、抜粋して来ました!以下抜粋です。

自民党は16日、環境分野や省エネへの重点投資で景気回復を図る「グリーン・ニューディール」の具体策を検討する機関を新設する方針を固めた。環境ビジネスの需要創出策を検討し、雇用拡大につなげる狙い。近く野田毅地球温暖化対策推進本部委員長が保利耕輔政調会長と協議し新機関の枠組みを詰める。

グリーン・ニューディールを巡っては、政府内でも環境省や経済産業省を中心に環境ビジネス関連の雇用を220万人以上に拡大するための具体策を3月までにまとめる予定。自民党側は新機関での検討内容を政府の具体策に反映させたい考えだ。

と言う話。
この政策はどれくらいの規模で、どの程度の内容で行うか次第では、景気回復まではいかないかもしれませんがある程度の効果は生まれるのではないでしょうか?
環境問題・二酸化炭素の削減など、「環境」についてはこれからが特に重要視されています。
少々期待してみたいと思います!(笑
【2009/01/19 19:39】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

卓上IHのお話!

本日はお好み焼き屋さんを営んでますお客様宅へ伺わせていただいました。
お昼時を過ぎ、お客様が落ち着いたところでのお話でしたが、店内は良い匂いが立ち込めていました(笑

そんなわけで、我が家は本日お好み焼きにします。
キャベツと山芋をベースとした生地で、いっぱいの鰹節が入っています。
トッピングはお客様に頂きました御餅とチーズ、豚肉やイカといったところです!!


さてさて、焼くのは卓上IHに鉄板を引いたところにて。
今まで皆さんが思っていたイメージとしては、「卓上IHって火力が無いんじゃないの?」だと思います…。確かに数年前までは火力があまりなく、焼く・煮る共に時間が掛かりましたが、今の卓上IHはカセットコンロよりも熱量が上になっています。
お陰でパッと温まって、美味しくいただけます(笑

そんな本日我が家の夕餉についての話でした!
【2009/01/18 18:32】 | わたくしごと | トラックバック(0) | コメント(0)

太陽光発電の新会社

徐々に増えつつある太陽光発電メーカーと言う話を最近しましたが、追加情報がありました。
それは新日本石油と三洋電機が、次世代型太陽電池の量産に向けた新会社を折半出資で設立する方針を固めたと言うものです。社長は三洋電機側が派遣する方向となっています。
新会社は三洋が開発した薄膜型太陽電池を製品化して2010年をめどに量産を開始し、世界中で主に太陽光発電所向けの受注を目指す意向としています。三洋は今春にパナソニックの子会社になる予定で、今後は3社が連携して太陽電池事業に取り組むことになります。

新会社は4月に設立し、資本金は数億円になる見通しとなっており、研究開発は三洋の岐阜工場で進め、三洋の技術をもとに商品を企画。新日石の生産技術や材料開発技術を活用して商品化します。そして新日石の持つ海外での幅広い販路を通じて主に大規模発電所での採用を見込んでいるようです。

前回取り上げた新メーカーについては、現在あるメーカーから部品部材を仕入れて自分のブランドでの販売と言う流れでしたが、今回は現在日本のシェア2位である三洋電機が新しく会社を作ると言う流れになっています。
また、一般向けでは無く「海外の大型太陽光発電所向け」と言うのもポイントになっているのではないでしょうか。
【2009/01/17 16:53】 | システム | トラックバック(0) | コメント(0)

環境対策は今年が重要!

地球温暖化による壊滅的な被害を避けるには、「今年の世界で行われる取り組み」が特に重要になるだろうと、「2009年版地球白書」をアメリカのワールドウオッチ研究所が発表しました。

地球温暖化がテーマの今年の白書では、3年連続で真夏に大西洋から太平洋まで北極経由で船が航行できるほど海氷が縮小するなど、かつてない速度で温暖化が進行している実態を指摘しており、京都議定書の後継となる国際枠組みの合意期限が今年末とされ、米国では温暖化対策を重視するオバマ氏が次期大統領になるなど、09年とその後の数年間が、地球の命運を握ることになるとしています。

また、気候変動に関する政府間パネル「IPCC」の最新の研究成果などから、重大な影響を回避するには地球の温度上昇を2度以下に抑えるとともに、温室効果ガスの排出量を2050年までに1990年比で85%削減する必要性を強調しています。

これらの事から、IPCCパチャウリ議長は「世界が素早く適切に行動を起こさなければ、温暖化の影響は極めて大きくなり、われわれの適応能力も超えてしまうだろう」と語っています。

環境元年と言われた昨年ではありますが、重要な事は昨年で終わらせない事です。今年も引き続き環境への取り組みを重視し、社会・国と言った規模では無く私達個人が一層エコ意識を上げていかなければ、「よくなった分悪くなっていってしまう」と言う事態になりかねません。

私もなおいっそうエコ努力に励みます!
【2009/01/15 16:55】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

開始です!

本日より太陽光発電の助成金がスタート致しました。
当社も申込申請であちこちへ申請書を記入希望のお客様へお届けに伺っています。

私は長野県のお客様宅へ伺わせて頂きました。
先日違うお客様宅へ行った時には、確かに雪はありましたが「積もっている」感じはしなかったものの、本日は道にも少し積もっていました。
本日の雪の様子

携帯でパッと撮った為、かなり画像は荒く申し訳ございません…。


さてさて、本日のお客様はシャープと三洋のパネルについて、どちらが良いのか?と言う部分で悩んでらっしゃいました。
どちらも一長一短ありますが、私のお勧めは断然三洋電機製パネルです!
パネルの単価は高いですが、発電の効率を考えますと三洋パネルに軍配が上がります。


では、続けて2件目に伺わせて頂きます~!
【2009/01/13 13:48】 | 会社日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

ありがとう御座います!

当ブログをご覧になっていただき誠にありがとう御座います。

お陰様で、毎日多くの方に見て頂き、なんと最近では日間で30人以上の方(PVでは70ページ等驚くばかりです!)が私の拙い文章を見て頂いており、少々恥ずかしくもあり、とても嬉しく思います。


特に太陽光発電の助成金についてのお問い合わせが、ここ1~2週間「ブログを見たのですが~」とかなり増加致しました。皆さんやはり興味があるようでうれしい限りです。
この助成金の申請や、太陽光発電やオール電化の適正価格などのご相談は、私たちにとっても皆様がどのように感じているのか?また、他社様がいくらくらいで売っているのか?と言う情報を得る事ができ、とても助かっております!

今後とも、更新を頑張りますので、環境に興味がある方、システムに質問がある方、当社を知りたい方、よろしくお願い致します!
【2009/01/12 16:46】 | 会社日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

太陽光発電助成金スタート!

ちょっと嘘つきました…。
厳密に言いますとスタートは明日からです!(笑

さてさて、明日から待望の太陽光発電の助成金受付がスタートとなります。
詳しい内容や申請書などは、JPEA「太陽光発電協会」のサイト「http://www.j-pec.or.jp/」をご覧くださいませ。

簡単に説明としては、
1.kw×7万円(上限10kwシステム)
2.kw単価が70万円以下(見積金額です)
3.約35000件分(早いと1ヶ月ほどで終了かも…)
4.太陽光発電の設置工事が2009年1月28日以降(※重要です!)

と言った内容です。
4番の設置工事の日程につきましては、発電協会様へ問い合わせたところ、「申請には2週間掛りますので、設置工事がそれ以降でない場合は無効です」との事でした。
最短でも今月末の施工とはなりますが、設置費用の約1割が負担できる助成金制度です。

是非この機会に、「今まで考えてなかったなぁ」と言う方もご検討してみてはいかがでしょうか??
【2009/01/12 16:35】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

足元ポカポカです!

昨日は幸いにも雪にはなりませんでしたが、気温が3℃程で冷たい雨が降りました。

天気予報を見ると、本日の予報は晴れで気温も10℃程との事でしたので油断しました!
今日は冷たい北風が吹き荒れ、昨日同様とても寒いです…。


さて、そんな寒さ対策に本日は床暖房のお話です。

新築時に最近ですと床暖房を導入する方が多いと聞きますが、既築の住宅でも結構簡単に床暖房の設置が可能なのをご存じでしたでしょうか?
床をはがして現状の床と同じ高さにするのか、今の床の上に敷いて若干高くなるのかで金額は違いますが、施工期間も短く金額も安く設置が可能となっています。

基本的には家族が集まる場所+1か所程の設置で、家全体も温まりますし、ヒートポンプ式の床暖房であれば経済的にもとてもお得になります。
足もとから暖かい床暖房は、他の暖房機器と比べましても頭がぼーっとせず、空気の乾燥や嫌な臭いなども御座いませんのでとっても快適です。

ちなみに我が家での床暖房は、冬場一日中付けていても、月々4,000円程の電気代で済んでしまいます。いまどき灯油のファンヒーターであっても月々4,000円で済む暖房はないのではないでしょうか??

そんな床暖房が恋しくなるような寒さと言う話です…(汗
【2009/01/10 16:25】 | 会社日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

家計を節約するために!

太陽光発電システムの根っこにあるものは何でしょうか?

先日ご提案に伺わせて頂きましたお客様が言っていた言葉がとても印象的でした。
「不況で、なるべく月々の支払いを抑えたい。確かにシステム自体は高価だけど、月々の支払いが減る不況だからこそのシステムだね。」

確かに「金額が高い」太陽光発電システムですが、基本的には月々のお支払金額は設置前よりも下がる方がいらっしゃいます。
特に家族の人数が多かったり、電化製品が多かったり、お子様が小学生~高校生だったりと言うご家庭です。たいていのご家庭は月々10,000円以上の電気代と5,000円~10,000円のガス代・灯油代を払っています。光熱費だけで20,000円と言うご家庭は多いのではないでしょうか?

その20,000円と言う光熱費が、例えば0円になったら皆さんどう思われますか?
まずは「そんなわけないじゃん(笑」と笑う前に、可能性の話ですので0円になったと思って下さい(笑
0円になる = 20,000円浮きますね。
そして、太陽光発電システムとオール電化を設置した月々のお支払いが18,000円だったとしたらどう思いますか??
月々20,000円払っている今と比べて、2,000円安くなる計算になります!

もちろん、太陽光発電システムとは太陽の光がパネルに当たる事によって発電するものであり、屋根の大きさや角度・方位も家々によって違います。

ここでポイント!
「太陽光発電システムは、ご家庭によって効果が違います」 ← 「重要です」


さて、設置して効果が出るのかどうかと言うのは設置しないと解らないのか?と言う事に行きつきますね…。

もちろん、設置しないと効果は解りません。

が!

各メーカー共に「発電シミュレーション」を出す事が出来ます。
目安と言う形ではありますが、過去の天候データ等を基に設置後の発電効果が測れるシミュレーションで、過去当社で設置したお客様の実際に発電した数値と比べましても大きな誤差は御座いませんので、信頼できるデータと言えます。

まずは、自分の家が太陽光発電やオール電化に「合う家」なのか?
次に、どれくらいの大きさのシステムを設置すれば良いのか?
更に、どの販売店でどのメーカーの設置が良いのか?

設置はそれを検討してからしましょう。
もちろん、相見積もしましょう!


また、2009年1月13日から太陽光発電システムの助成金が国から出る事となりました。
この助成金は35000件分ほどで終わってしまいますが、設置費用の1割程を負担することが出来ます。是非この機会に、まずはシミュレーションをしてみてはいかがでしょうか?

当社は無料シミュレーション診断を行っております。匿名でメールをするのでもかまいません。
まずは「電話:0120-767-720」又は「メール:slf@slf-ecology.jp」までお問い合わせくださいませ!
当社HP「http://www.slf-ecology.jp」も是非ご覧になって下さい。
【2009/01/09 16:11】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

太陽光発電の規格統一?

毎日の日課である環境のニュースを見ていましたら、こんな記事が載っていました。

― 以下産経新聞抜粋 ―

政府と国内の太陽電池メーカー、住宅メーカーは共同で2009年度から住宅用太陽光発電システムの規格統一に乗り出す。太陽光パネルのサイズや付属機器の規格をそろえることで、住宅に設置しやすくするほか、関連メーカーの競争を促してコスト低減につなげ、普及を後押しする。長期使用のための安全性試験制度の確立も目指す。統一規格は国際標準として世界に提案する計画で、今後需要増が予想される太陽電池市場で主導権を握る狙いもある。

経済産業省と国土交通省、シャープや京セラなど太陽電池メーカー、積水ハウスや大和ハウス工業など住宅メーカーでつくる「ソーラー住宅普及促進懇談会」の作業部会が報告書案をまとめた。月内に公表する。

― との事 ―

確かに現状として、パネルの規格は各メーカーでバラバラになっています。
しかしながら、各メーカーごとの長所短所もあり、規格を統一することによって不具合も多く生じます…。
例えば京セラの「SAMURAI」は、細長いパネルとなっており屋根にピシ!!っと設置が可能です。多少値段は張りますが、綺麗に設置できると言うパネルとなっています。
三洋の210Wパネルは、多少他社製パネルよりは大きくなっておりますが、1枚の発電量が大きい事から、少ない枚数での高出力が可能です。
シャープであれば、三角パネルがあります。寄棟屋根と言う、東西南北に屋根があるお家でしたら、無駄なく設置が可能となっています。

各社共に、長所があり短所がありますが、私達の提案ではそれを生かしての提案となっています。また多結晶タイプと単結晶タイプと言う電池自体が異なるメーカーもある事から、規格統一は難しいのではないでしょうか?

さてはて、今後の動向に目が離せません…。
【2009/01/08 13:10】 | システム | トラックバック(0) | コメント(0)

東芝も太陽光事業へ

現在日本の4大太陽光発電メーカーは「シャープ」「三洋」「京セラ」「三菱」となっています。
今年の13日より太陽光発電助成金がスタートすることもあり、上記4メーカー以外の電化製品メーカーも太陽光発電事業への参入を進めています。

その中でまずは東芝が、太陽光発電システム事業を統括する部署を今年の初日で新設したと発表しました。発電所や工場向けの大規模発電システムの営業やマーケティングを手掛け、2016年3月期に同事業で2000億円の売り上げを目指すとの事です。

新設したのは「太陽光発電システム事業推進統括部」で20人体制でスタートとし、電力事業で培った配電のノウハウなどを活用し、インバーターや蓄電池といった太陽光発電に必要な機器を組み合わせて売り込む事となります。太陽光発電パネルは外部から調達する考えで、自社生産はしない方針としました。

同社はこれまでも同事業を手掛けていたが、今後市場が大きく拡大するとみて独立した部署を新設しました。
現在の4メーカーのどこからかパネルを仕入、OENと言う形での販売となりますが、日本の太陽光発電業界がまた大きく動き出すのではないでしょうか?
【2009/01/05 13:28】 | 環境問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

明日から仕事開始です!

明日から仕事始めと言う方は結構いらっしゃるかと思います。皆様、このお正月休みはいかがお過ごしでしたでしょうか?

私はなかなかまとまった休みが取れない事もあり、家の雑事に追われておりました…。
大掃除から始まり、本棚の整理や家の不具合の解消、車の掃除から洗車、家のPC内の清掃などなど(笑


さて、そんな2009年のお正月でしたが、当社も明日から仕事始めです。
今年も環境へアグレッシブに取り組み、皆様にイロイロなアドバイスをしていきますので、どうぞ今年も社員一同よろしく御願い致します!
【2009/01/04 13:18】 | 会社日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

明けましておめでとうございます!

皆様、明けましておめでとう御座います!!
2009年元旦を迎え、今年も私ども(当社)は環境事業への取り組みに精進し、より良い生活、より良い地球環境を目指し邁進致します!是非今年もよろしく御願い致します。


さて、本日は初詣と言うことで「エコ初詣」に向いました(笑
何がエコか?と言うと、ただ自転車で行っただけです…。

エコドライブを上回る、移動手段にて、健康と環境に優しい1年の始まりとなりました!

「小さなエコも積み重ねれば大きなエコへ」

こんな標語を元に、今年も当社は進んで行きます!!
【2009/01/01 13:02】 | 会社日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

長嶋 拓史

Author:長嶋 拓史
昭和55年4月20日に埼玉で生まれ埼玉で育つ。
東京は人が多くて苦手な体質らしく、北へ北へと移動し現在では群馬県伊勢崎市にて会社を設立する。
趣味は最近始めたゴルフと活字中毒な読書。また地味にピアノやテニスと言った似合わない事を特技としている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。